人気ブログランキング |

photo*桜堤*

glauca.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 04日

[光の指で触れよ」

光の指で触れよ (中公文庫)

池澤 夏樹 / 中央公論新社



読売新聞に連載されていたこの小説。

この中にレイキについて少し出てくるのです。

レイキについては→こちら←をご覧ください。

レイキはそれ以前から存在自体は知ってました。(どこでどうして知ったのかわからないのですけど)

この小説を読みながら「自分もレイキができるといいのに」、と思ったことを覚えています。

でもどこで習得するのかわからないし、それについて真剣に調べることもなく

何年も過ぎまして、忘れていました。

いろいろな出来事が過ぎ、自然にレイキに出会いました。

自然に、というか (やっとたどり着いた、というほうが合ってます)

たとえれば、木の実が熟して自分の手のひらに落ちてきたような

そんな感じでレイキに出会いました。

(実際にやったことはネットで検索して自分の直感でいいと思ったセミナーに行ったのですけど。)


一見苦しい出来事ばかりやってきたようだったけど、

ここに辿り着くためだったのか、と今は思います。

まあ、出来ればもう少し苦痛が少ないほうが助かりましたけどね、、^^;


それにしてもこの小説、今回文庫を買ったのですが、

f0099781_2121624.jpg


             分厚いです^^;


読売新聞の連載小説は昔から好きで、

五木寛之や瀬戸内寂聴さんのも文庫化されてから買いました。

新聞小説ですから長くて上下巻になってたものですが、

今回は無理やり1冊化??

by sakuradutumi2006 | 2011-02-04 21:24 | CD DVD BOOK


<< レイキをどう使うか      夕日と木と鳥と、、月 >>